普通救命講習会

2018-08-28

7月23日(月)、8月20日(月)に婦中消防署で教職員の普通救命講習会を実施しました。万一の時には、「すぐに心肺蘇生ができる」、「AEDが使える」、という心構えでいられるように、全ての教職員が3年に1度はこの普通救命講習を受講しています。今年度は64名の教職員が参加し、心肺蘇生法やAEDの扱い方などの講義を聞いて、実技を行いました。

受講者全員が訓練人形を使って実際に胸骨圧迫や気道確保を行ったり、AEDを操作したりして、普通救命技術を習得しました。

Copyright(c) 2013 富山県立しらとり支援学校 All Rights Reserved.