校長のあいさつ

しらとり支援学校長の 荻布知寿子(おぎのちずこ)です。

本校は、富山県の東部と西部をほぼ二分する呉羽丘陵の南端にある、知的障害の児童生徒を教育する、県内で最も在籍児童生徒数・教職員数の多い特別支援学校です。

小学部125名、中学部70名、高等部82名の児童生徒は、立山連峰を一望できる豊かな自然の中で学んでいます。一人一人の児童生徒が夢や希望に向けた目標をもち、校訓の「明るく」「仲よく」「元気よく」を合言葉に、たくさんの仲間とともに学校生活を送っています。

本校は、知的障害の子供とその関係者の強い願いと熱意により、富山県東部の知的障害養護学校として、昭和53年4月に、緑豊かなこの婦中の地に開校しました。以来、早くも40年の年月が経過し、今年節目の年を迎え、10月26日には、本校において、創立40周年記念式典を行います。

本校では、「自立と社会参加を目指し、明朗かつ協調性豊かで、心身ともに健康な児童生徒を育成する。」を教育目標とし、

ア 個に応じた指導・支援を推進する学校

イ 知的障害教育の専門性の高い学校

ウ 地域の小・中学校等を支援する学校

エ 明るく清潔で児童生徒の安全が守られる学校

オ 家庭や地域から信頼される、開かれた学校

を目指し、子供たちの安全で安心した学校生活を保障し、健やかな成長を支えるために、教職員一同、力を合わせて取り組んでおります。

皆様のご支援、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

Copyright(c) 2013 富山県立しらとり支援学校 All Rights Reserved.